HOME>特集>提供する会社も増えてきてバリエーションも豊富です

業務効率化を実現するには

ノートを取る

皆様の企業では、業務効率化対策を講じていますでしょうか。まだ具体的な案が無いという場合に、マークシートの作成・集計を行うツールの導入というのが効果をもたらすかもしれません。今やマークシート作成等のツールは、教育現場等以外の一般企業でも業務効率化のために広く活用が進んでいます。具体的には、市場調査アンケートをツールを用いて作成したマークシートで行い、集計と同時に集計、効果測定といった流れです。

社内業務の効率化も進みます

そうした対外的な業務の効率化以外にも、社内業務の効率化も各社が提供する、マークシート作成等のツールで実現する事が出来ます。例えば、社内で行うストレスチェック等にツールを活用するという方法です。まず、パソコンの文書作成ソフト等で、答えを塗りつぶすマークシートを作成出来るツールを利用し、その結果を集計したデータをパソコンに転送します。そしてそのデータを、クラウド上でストレスチェック診断を行う会社にアウトソーシングで依頼して、業務を効率化するという例です。それ以外にも、社内の昇級試験や研修の際の理解度チェックのマークシート作成に適したツールを選ぶという企業も見られます。

ニーズに応じたタイプも沢山

さらに、そういった利用目的以外にも、様々なニーズに対応出来るタイプのマークシート作成のツールがあります。その一つが、勤怠管理に活用出来るツールです。まずマークシートでタイムカードのようなものを作成し、集計ツールとリンクさせて勤怠データを蓄積します。こういったタイプのマークシート作成ツールを提供している所には、集計データの管理もアウトソーシングで対応してくれる所があります。そういったオプションも活用しながら、業務の効率化を実現する所も多いようです。

広告募集中